AWS サービスクォータによる制限の確認

9月 15, 2020AWS,全般

概要

はじめに

  • 今回はAWS サービスクォータをご紹介します。AWSのユーザーあるあるとして、「現在使っているAWS環境の制限はいくつだろう?」と思うことがあります。
  • 以前は、制限を確認するためにサポートケースの履歴を調べておりましたが、2019年7月のアップデートにより、AWS サービスクォータによる制限の確認が可能となりました。今回、使っているAWS環境の制限を確認する必要があり使ってみましたので、記事しました。
  • VPCおよびEC2 に関しては、以前からEC2コンソールでの確認が可能です。こちらの記事を参照ください。

 

AWS サービスクォータとは

  • AWS のサービスごとにデフォルトのクォータがあります(以前は制限と呼ばれていました)。AWS のサービスのクォータを一か所から管理するのに役立つ AWS のサービスです。クォータ値の参照の他に、クォータの引き上げをリクエストすることもできます。

 

クォータ(制限)を確認する

  • Service Quotas コンソールを開きます。
  • クォータはリージョンによって異なります。確認したいリージョンを選択します。
  • 「AWS サービス」を選択し、現在のクォータ(制限)を確認します。(一部のリージョンしか表示されないサービスもありますので、ご注意ください)

 

  • 以下は、VPCのクォータであり、「Network interfaces per Region」のクォータ値がデフォルトから上限緩和されていることが分かります。また、その他のクォータは、デフォルトのクォータ値となります。

 

 

クォータ(制限)の上限緩和を申請する

Inbound or outbound rules per security groupのクォータ引き上げ

  • 次に、クォータの上限緩和を申請します。
  • 今回は、Security GroupのInbound or outboundルール数が上限に達したため、下記のエラーが表示されました。クォータを引き上げ、デフォルトのクォータより多くのルールを設定したいです。

 

  • クォータを選択し、「クォータ引き上げリクエスト」をクリックします。以下は、「Inbound or outbound rules per security group」のクォータを選択しています。デフォルトのクォータが60であることが分かります。

 

 

  • 変更後のクォータ値を入力し、「リクエスト」を選択します。今回は、60 → 100に引き上げます。
  • リクエスト後、「ダッシュボード」より「保留中のサービスクォータリクエスト」のステータスを確認しましょう。

 

  • 10分程度経過して確認すると、クォータ値が100に引き上げされたことが分かります。

 

AWS,全般

Posted by takaaki