たまこめ

エンジニア魂をこめて

  • 刀鍛冶が魂を込め、一本一本の刀を鍛えるように。エンジニアもCodeひとつに主張を、ROMライターに魂を込めて製品を作ります。
  • 未だ目に見えないかもしれないが、すでにここにある。合図ひとつで展開される、まるで魔法使いの技。
  • ある時は建築家と同じ。システムの設計図を描き。緻密にプロダクトを並べます。
  • ある時は数学者と同じ。発見と証明を繰り返し。世界はCodeと数字で美しく表現される。
  • ある時は芸術家と同じ。偶然に並んだ線は計算された幾何学模様。結果は頭の中にあり、再生するだけ。
  • ある時はアスリートと同じ。力技を出し合い、体力で勝負する。ただ人には汗を見せない。
  • ある時は小説家と同じ。生まれてから死ぬまでの半生を書く。想定と想定外の連続。
  • そう私たちは、挑戦者。どこにも、正解はない。
  • 昨日聞いた成功法則は、今日から予期せぬBugに。自分で閃いたことだけが唯一の武器となる。
  • あたなが描いたものは、全て現実になる。そして、描けない明日はやって来ない。
  • 言葉ではなく。自分を信じよう。自らを信じて、生きるだけ。

コラム

Posted by takaaki