RDS(Aurora DB)の停止方法

はじめに

  • AuroraのDBクラスターは、一時的に停止することが可能です。
  • RDSのコンソールを使用して、クラスター単位(すべてのインスタンス)を一度に停止することができます。
  • なぜRDSを停止するの?
    • Auroraの使用料は、 DB インスタンス時間単位で計算されます。そのため、開発やテストなどの利用で、DBクラスターが必要でない期間はインスタンスの削除ではなく、一時的な停止が良いと思います。
    • Auroraの料金は、以下を参照ください。

DBクラスターを完全に停止するには

  • RDSのDBクラスターを完全に停止することはできません。
  • 一時的に停止することはできますが、長期間(7日以上)停止させることはできません。完全に停止するには、下記の方法が必要です。
    • DBクラスターのスナップショットを取得する。
    • DBクラスターを削除する。
    • 再開する場合に、DBクラスターをスナップショットから復元する。
  • スナップショットの取得と復元は、下記ドキュメントを参照ください。

DBクラスターの一時的な停止方法

  • RDSのコンソールから対象のデータベースを選択します。次に、アクションの停止を選んで停止を実行します。

AWS, RDS

Posted by takaaki