ALB(ロードバランサー)のエラーコード

2019-07-29

ALB(Application Load Balancer)のエラーコード

  • ALBが返すエラーのステータスコードには、下記2種類があります。
    • ロードバランサーが HTTP エラーを生成する
    • ターゲットが HTTP エラーを生成する

ALBが生成するエラー

  • 一部のエラーは、ロードバランサーで生成されます。ロードバランサーはクライアントに HTTP コードを送信し、アクセスログにリクエストを保存して、HTTPCode_ELB_4XX_Count または HTTPCode_ELB_5XX_Count メトリクスを増やします。
  • ALBのアクセスログ設定方法は、下記記事を参照ください。
  • ALBが生成するエラーコード詳細は、下記ドキュメントを参照ください。

ターゲットが生成するエラー

  • ロードバランサーで生成された以外のエラーは、ALBのバックエンドに配置されているターゲットが生成するエラーです(例: EC2上のWebサーバー, Lambdaなど)。
  • ロードバランサーはターゲットからの有効な HTTP レスポンスを、HTTP エラーを含めてクライアントに転送します。ターゲットによって生成された HTTP エラーは、HTTPCode_Target_4XX_Count および HTTPCode_Target_5XX_Countメトリクスに記録されます。
  • エラーコードは、ターゲットにより異なります。例えば、Windows ServerのIISが生成するステータスコードは、下記Microsoftのドキュメントに記載があります。

AWS, ELB

Posted by takaaki